看板のアクセントを考える

看板のアクセント

町中本当にたくさんの看板があります。


電気がつくものから、布のような生地でできたものショッピングセンターの天井からブラさがているものもあればバルーンのように浮いているものまで、形態は本当に様々です。


その用途はメニューを紹介するもの(メニュースタンド看板)だったり店内の様子を紹介するものであったりと様々ですがとくに店舗の看板はお店の紹介や営業時間の掲示目印なその役割として使用されることも多いです。


看板はお店の顔です。


お店の人からすればそれはたった一つしかなくてとても思い入れがあるものですが町中を歩いている人からすれば、それはただ数ある看板の一つにすぎません。


しかしせっかくつくるのであればやはり見る人のめに止めてもらえるような魅力的看板でありたいとは思いませんか?

そもそもサインの役割は多く、店舗や目的地への誘導の認識をさせるものであるだけでなく、
見た人は、デザインや形、色やロゴマークなどで店舗全体までもイメージさせるきっかけでもあります。


つまり、看板は内容を伝えるだけではなく、利用される側の客層をコントロールする雰囲気をつたえる媒体でもあります。


なので、ファミレスの看板が高級感たっぷりではだめなのと同じできてもらいたい対象や、お店/会社のイメージやコンセプトに合ったデザインにすることがなにより大切です。
あなたのお店初めて訪れるお客様が、サインからどのような印象を受けているか想像してみませんか?
サインから勝手にイメージされてしまう可能性もあり、それだけ重要な役割があるものだと考えます。


例えば、有名なコーヒーショップ(お好きなものを想像してください)の看板は、独特なデザインとお店の雰囲気を合致させていますが、これによりロゴマークを見ただけでコーヒーの味を思い浮かぶと思います。
このように戦略の上に置かれたサインは、単なる看板という表示だけではなく、人々を呼び込む効果があることがわかります。


看板は「単なる施設表示」ではなく「人々を呼び込むための営業ツール」なのです。


店舗改築をしなくても、看板は店構えを変えることの出来るアイテムです。
そのアイテムはいまうまく活用されていますか?
本当に店の雰囲気を見る人に伝えるツールとしての役割を担っていますか?


少しの工夫でお店の看板がびっくりするくらい集客効果のあるものへ生まれ変わります。


当サイトでは看板がより人に何かを伝えたり印象に残るものになるための方法を少しご紹介させていただきます。


このページのトップに戻る

スタンド看板電飾看板