アクセント2 ロゴ・イラスト

良い看板のためのロゴ・イラスト

お店のアクセントで大事なもの!
やはりお店の顔になるマークのようなものがあると華やかになりますよね。


チェーンのコンビニやコーヒーショップなどお店には必ずロゴが存在します。
ネームバリューが出てくると、そのロゴを見ただけで「あ、コーヒーショップだ」と連想させてくれるものにもなります。


実際アクセントのために写真が使われることはとても多くその中でアクセントとしてロゴやイラストを効果的に使えると、より良い看板をつくることができると考えます。


印象づけのためにロゴは効果的です。ロゴは絵だけ・文字だけ・文字と絵が組み合わさったものに分けられます。


ロゴをつくる際に大切なのはまずコンセプトを付けることです。
このロゴはこんな意味やイメージで考えて作ったという理由をつけることが必要です。
これが説明できないとロゴの必要性はなくなってしまいます。


あと、もともとあるフォントをそのまま使わないことをお勧めします。
ロゴ作成で使う文字は作字して作るべきです。ロゴの使用レベルによりますがオリジナリティは必須です。
まずは紙に書いてイメージを作ることが大切です。
フォントをベースにするにしてもなにかしら手を加え、加工して個性を出しましょう。

看板を頼む際、ほとんどの場合やり取りがイラストレーターでのデータのやり取りになります。
なのでできる限りそういったソフトを使って制作されることをお勧めします。

でも急いでいたり、ソフトで絵などがうまく描けないような場合元々あるフォントの文字を打ってフォントのバランスを整えるだけでもなんとか十分ロゴになります。

なかなか知識や技術がないと自分でつくることが難しいのが特徴ですがあるのとないのとでは印象が全く変わってきます。

ロゴといっても本当に様々な種類があって奥が深いものですが手書きで書いたものもスキャンして取り込んだものも、味があって個人的にはとても好きです。


このページのトップに戻る