アクセント3 テクスチャー

テクスチャとは平面で使用される、材料の表面の視覚的な色や明るさの均質さ、触覚的な比力の強弱を感じる凹凸といった部分的変化の 特徴をとらえ、材質感覚、効果を模様や質感を表現するための仕様をさします。


テクスチャーは均質な空間に変化を与え、人がその空間を把握する際のてがかりになるという機能もちます。


看板では製作のデータに表面にデータで貼り付けることで、物質の質感を印刷で表現することができます。


実際にどういったことが可能なのか


例えば京都の町並み似合った看板を作りたいと思ったとき。


無地の背景に文字を並べたり、写真を載せたりするのも良いでしょう。
しかし、よりリアルにその空間を再現したいときや空間になじませたい時有効的なアクセントになるのがテクスチャです。

背景を木目調などに変更するだけで空間に看板がとけ込むだけでなく繊細なテクスチャは、盤面にのせるだけで強い個性を与えることができます。


他にも、二つの異なる質感やカラーをもったテクスチャを使用すると、看板の見た目に緩急を出すことができたり重要な文字のみにテクスチャを使用するだけでその文字がより際立ってみえたりリアリティや奥行きというものを平面の中に再現してくれます。


考え方、使い方次第で簡単にオリジナリティを出すことができるのがテクスチャの魅力の一つでもあります。


実際に自分で素材を持っていなくてもwebのフリーサイトを検索すればすぐにてに入る気軽さもうれしいですよね。


人が看板を目にする数秒の間どれだけ他の看板と自分の看板とにに差別をつけれるか


その工夫の仕方は人それぞれですがせっかくのオンリーワンの大切な看板に少しアクセントをつけてより魅力的なものにしてみませんか?


このページのトップに戻る