集客に必要なもの

看板の集客にはターゲットとなる客層に合わせたイメージ戦略が必要です。
まずお店のお客様は誰ですか?
例えばスーパーなら主婦の方がお客様でしょうし、おもちゃ屋さんなら子供を持つ大人がお客様でしょう。
このお客様があなたのお店を見たときに、高級ブティックの様な店構えをした八百屋さんなら驚きだけではなく買い物がしづらいはずです。


この様にお客様がイメージする店構えが重要となり、余程の変わり者でない限りイメージとかけ離れたお店への入店は敬遠するはずです。
逆に、高級品を販売している店では安さを売りにするようなな店構えでは、お金持ちは決して入店してくれません。


「自分のお客が誰なのか」知った上で、お客が思うイメージに合わせる必要があるのです。


そして看板とは一般的には目立つ様に設置するものと思われがちですが、目立つことが=派手なものと思っていませんか?
夜街輪歩いていると、電気のついた明るい看板やの色の派手な看板をよく目にしますが、電気の点滅する看板が沢山ある中で、同じ様に点滅しても、周りと同化してしまい看板本来の役割を発揮することができません。


では、周りに点滅して光る看板がないところで、そういった看板を置けば良いでしょうか?
「正しい」場合もあるし「誤り」の場合もあります。


看板は目立たなくては意味がありませんが、やはりイメージ的に合うものと合わないものがあることに気付いていただけたと思います。
目的がどこにあって、どの様なお店で、どの様なお客様を対象にしているのかで、看板の表現が変わってきます。


これは、自分自身が把握しなければならない部分ですが、その上でスムーズにお客様にご来店いただく店構えでなければなりません。
高級なお店には、高級な人しか集まりません。リーズなブルを売りにしたお店にはそれを目的とした人たちが集まってきます。


看板はお店のイメージや雰囲気を表現するのが役割です。


しかしあまりにも普通な表現は、多くの人に安心感を与えてしまうため、イメージを伝える内容であっても印象としては残らない場合があります。


看板の集客に大事なこと


それは
*きてもらいたいお客様の層をしっかり理解すること
*分かりやすく雰囲気が伝えられていること
*普通ではなくなにか気にかけてもらうアクセントをつくること


が重要だと考えます。


このページのトップに戻る